ネイティブカナダ人が英語で動名詞と不定詞の使い分けについて解説

父は、タバコを吸うのをやめたがっています、を英文にしてください。


英作文できましたか?では解説です。

「父はやめたがっている」は「父、したがっている、やめる こと」です。そこまでは‘ Myfather wants to stop’です。「? をやめること」を目的にしているのです。

問題は、「やめる」のあとに「タバコを吸うこと」とつづく ところです。これまでと同じに考えれば、‘ to smoke ’と言え ばいいはずですね。

ところが、ちがうのです。「やめる」は、これまでつづけて きたことをやめる、ということですね。不定詞は「そこまで進む(目的にする)」ということだから、「タバコを吸うこと」に これから進んでは、逆になってしまいます。

そういうとき、‘?ing ’形の動名詞の登場です。

進行分詞とは別に、「?すること」という意味の動名詞がありましたね。これを使うのです(不定詞と同じく、行動だけを言うので、「?すること」の部分の主語は言いません)。



不定詞との違いは?動名詞の基本的な考え方

父は、タバコを吸うのをやめたがっている。
My father wants to stop smoking.

‘ smoking ’なら、進行分詞の「?している」という進行中の意味が感じられて、ぴったりです。

次の動詞を使う場合も、 「何を」欄が子文なら動名詞です。
finish (終える):(例)I finished reading a book.(本を読み終えた)

give up (このニ語で、途中で放り出す、やめる):I gave up thinking that.(そのことを考えるのをやめた)

したがって、「?することまで(進む)」という意味にあう場合は不定詞、何かを「やめる」のように、それまでに「?することをつづけている」という感じの場合は動名詞、ということですよ。

「ポクの趣味は歩くこと」を‘‘ My hobby is walking.” としました。何かの「趣味」は、すでにつづけていることです。 だから、動名詞‘ walking’です。

‘ to walk ’にすると、矛盾です。いつもやっている「趣味」 は、「?することまで進む」という性質のことではありませんね。

「森の中を歩くのは健康にいい」は、“ Walking in the woods is good for the health.” です(森=woods、健康=health)。

「健康に」は「健康へのルートに乗る」なので‘ for’ を使います。
森の中を歩いた経験があるから、「いいこと」という判断ができるのです。自分にはその経験がなくても、人がよく言っていることを紹介している場合なら、多くの人はそれを経験しているからそう言っているよ、ということです。

「タバコを吸うのは君の健康にとってよくない(not good)」も同じです。“ Smoking is not good for your health.” ですね。

「何かをすることが好き」の場合はどうでしよう。

二つの「?すること」
「ギ夕一を弾くことが好き」と言う場合、それはいつもやっていることですね。だから、‘‘ I like playing the guitarです
(ギ夕 一=guitar 楽器を弾くときは‘ the ’でしたね)。

ところが、“ I like to play the guitarと言う場合があります。しかし、その場合は、‘like ’が‘ w a n t ’に似た意味に聞こえてきます。

何かを見て、「それ、いいな」の意味で“ I like it.”と言うことがある、と前に紹介しましたね。「いまはギターを弾くのもいいな」という感じです。場面を想像して、いま「弾くこと」 に気持ちが進んでいる、というわけです。



動名詞と不定詞を使い分けるための確認問題

ちょっと練習が必要ですね。
次の文を英語にしてください。
① 見れば、わかる。(「百聞は一見にしかず」という意味で、 「見ることは信じることだ」と考える。見る=see)

② あしたまでにこの本を読み終えたいな。

③ 私の仕事は小説を書くこと。

④ 彼は、その会社で働くことを希望している。
(会社=company )

⑤ ポクは、海で泳ぐのが好きだ。



解答と解説
① :有名な英語です。「いつでも、見るということは....」の意味だから、動名詞です。“ Seeing is believing

② :「私、したい、終えること、読むこと、この本、あしたまで」ですね。‘ want’と‘ finish’は、それぞれ「?すること」 につながるときは、不定詞と動名詞のどっちが来る?
“I want to finish reading this book by tomorrowです。

③ :あっさりといきましよう。‘‘ My work is writing novels .”、

④ :“ He hopes to work at the company.”

⑤ :“ I like swimming in the sea.”

Joeの「不定詞と動名詞」の説明を見てください。有名な「ボリンジャー説」に基づいています。



カナダ人 Joeによる不定詞と動名詞の使い分け

A Living Language

One of the keys to this site is remembering that English is a living language just like Japanese. For example, in English there are many cases where we might say this: “ I hate talking in front of people.” However, the cases where we can use an infinitive in that sentence are less common: “ I hate to talk in front of people. Why?

This question is important. Too many people think they need to memorize grammatical structures and use them mechanically. We can learn from Dwight Bolinger. He showed us the difference in meaning between the gerund and the infinitive. By learning the difference in meaning, we can learn how to use gerund and infinitive structures naturally.

How would you answer this question: “What do you like to do on weekends?” If you are sitting at home right now, you may imagine a fishing trip, for example. Which of these answers is more natural?
1 “I like fishing by a quiet lake.
2. I like to iish by a quiet lake.

Remember, if you are at home in your apartment, the fishing trip is in your imagination. In English, “the infinitive seems more appropriate than the gerund to denote the imaginative (unreal.)”

Therefore, if the idea of “fishing trip remains imaginative in your mind, your answer would be example 2. However, if you concretize the memory by giving the fishing trip an actual time, place or manner, your anser would be example 1.

Infinitives are also used for hypothetical events. For example, if someone asked you this: What is the most interesting activity for a weekend?” Your answer could be, “ To fish by a quiet lake. "this answer si hypotheitical. i also feel that this is an abstract thinking-over the question. Whenever the sentence ecpress an abstract,hypothetical or imaginative situation, we tend to use the infinitive.

Could your answer ever be this? - “Fishing by a quiet lake . ” In a real, living language,the answer is yes. However,th listener would feel that you were really using an active imagination. You can imagine a little oasis around the person. The event of fishing must be vivid,clear and real for a gerund.

Also, the gerund is used for accomplished events, when we are involved in or have been involved in,the event. So, if you were actually by the quiet lake, you would say, I like fishing by a quiet lake.” The event is realized. Or, if the event is a vivid,accomplished event in your mind, you again use the gerund. The event is realized in your mind.

With these examples in mind, lets return to the example of, “talking in front of people. ” If someone said to you, You are going to talk in front of the meeting. The event of talking in front of people has become concretized, vivid and real. So, you probably will say this: “I hate talking in front of people.”

You may have learned that the verb “hate” always takes a gerund. That is, you may have been told that “hate” and gerund go together as a grammatical law, or an entailment. However, if we think of language as a living tool for communicating, it is possible to say " I hate to talk in front of people."The intention in the communication is to create the picture of an abstract thiking over of the event.   The listener would think the evenk the event happned a long time a go or never at all. That is , the listener would feel you are thinking in an intellectual or abstract way.

Bolinger makes clear that the way we decide infinitive and gerund is by, semantic compatibility.” That is, the meaning intended must match the structure chosen. We must decide whether the infinitive or the gerund is more appropriate for what we want to express. Does this sound familiar? English is a living language, just like Japanese.


(要旨)
「人前で話すのはいやです」は、“ I hate talking in front of people と言う。“ I hate to talk?”は、ふつうは言わない。

どうして? これはだいじな問題だ。

「週末は何をするのが好き?」と問われたら、次のどちらで答える?
1. I like fishing by a quiet lake.”
2. I like to fish by a quiet lake.”

いま家にいて、釣りに行くことを想像するなら、2だ。「想像(まだ 実際的ではないこと)を言うときは、不定詞のほうが適切」(Bolinger) である。空想(abstract)、仮定、想像を頭に思い浮かべる場面では、 不定詞を使う。

しかし、1で答えることもある。その場合、間き手は 「君は、具体的な行動を実際に頭に思い浮かべているのだな」と思う。 動名詞は、生き生きとした、鮮明な、実際の場面を思い起こしながら言う場合か、すでにやっている内容を言う場合に使う。

会議などで話をしなければならないということになると、はっきりとした実際の話だから、“ I hate talking?.”と答えることになる。

しかし、ことばは、使って意味をもつ道具だ。別の場面なら、“ I hate to talk?”も使える。人前で話すことなどはほとんど経験がなく、 空想的に「そういうのはきらいだな」などと言う場合だ。
「意味論的適合」....言いたいことにことばを合わせる、ということだ。

このページの先頭へ