発音記号は難しい?日本語にもよく似た音はたくさんある

「ア」と聞こえるような音でも、英語には[ ? 、a 、? 、? 、? ]と何種類もの音があります。

むずかしい?

日本人だって日本語で同じようなことを自然とやっていますよ。

たとえば、「雨( アメ)」の[ ア] と「長雨( ナガアメ)」の[ ア]は少しちがいますね。あとのほうが口( あご) の開きが小さいのではないですか? 「色」と「貝」の[ イ] もちがいますね。

のどぼとけのあたりに指を当てて発音すると、「イロ」のほうが指に振動が強く伝わります。

「馬」と「会う」の[ ウ] は?
「寿し( スシ)」の[ ス] と「~ です」の[ ス] もちがいます。
[ スシ] のほうは[ s u ~ ] ですが、[ デス] の場合はたいてい[ ~s ] です。消え入い
るような[ ス] でしょ? むりに[ ~ s u ] と発音すると、怒っているかのように聞こえかねません。

「学校」と「長い」の[ ガ] もちがいます( 近ごろは区別がなくなってきていますが)。「パンダ」と「トンボ」の[ ン] は、「ン」と同じに表記していいのだろうかとさえ思います。

他にも例はたくさんありますので、探してみてください。

日本語にも発音記号が定着していれば、[ ア] でもいくつかの記号が使われていたことでしょう。

だから、英語の発音記号はありがたいことと思うべきです。
あらゆる単語の発音の仕方が辞書などに必ず載っていますから助かりますよ。

このページの先頭へ